沖縄の青の洞窟はマリンスポーツをしている人にとって憧れの場所

サイトマップ

DIVE!

Update Article

海に飛び込む

沖縄は世界的にも有名なダイビングスポット

沖縄は世界的にも有名なダイビングスポットと言われています。海の透明度・サンゴ・魚の種類の豊富さなどなど魅力がいっぱいです。沖縄本島のダイビングスポットや、一日ツアーで慶良間諸島へ行ったりもできま…

浜辺で休む

Cカードが無ければダイビングは出来ない

ダイビングは危険を伴うレジャースポーツなので、本格的にダイビングをするには講習を受ける必要があります。こういった講習で知識や技術を学ぶと、ダイバーのライセンスであるCカードが発行されます。…

海の中は魚がいっぱい

ダイビングはどこですればいい

これからダイビングをしようと思っている人の中には、どこでダイビングをすれば良いか迷っている人も多いと思います。確かにダイビングをやろうと思った時はどうしても海外でやるイメージがあるかと思います。…

マリンスポーツに最適!沖縄の青の洞窟の魅力

沖縄本島の恩納村にある青の洞窟についてご存知でしょうか?美しい沖縄の海で体験する神秘的な青色。沖縄旅行では訪れるのにオススメのスポットとして有名です。そしてこの絶景スポットで人気なのがマリンスポーツです。ダイビングやシュノーケリングで体験する幻想的な空間は、旅行客に大人気のスポットになっています。
なぜ青の洞窟と呼ばれるほど、ブルーで透明の水に見えるのでしょうか?透明感のあるブルーの水が幻想的で神秘的な雰囲気を演出してくれますが、この美しい青色は光の反射によって作りだされているものです。洞窟の入り口から差し込んだ光が洞窟内の海底で反射し、その反射した光によって洞窟内が青色に染まる現象が引き起こされています。青以外の色を吸収する性質を持つ水を光が通過するため、洞窟内が青色に見えるのです。このようにして、人工的には作り出せないほど美しいブルーの色を堪能することが可能となっています。自然の美しさを感じる上で、青の洞窟は最適な場所と言えるでしょう。
この青の洞窟はマリンスポーツをしている人にとって憧れの場所です。沖縄を訪れた際はこの洞窟を訪れて、ダイビングやシュノーケリングでその美しさを肌で感じてみることをオススメします!

夜の青の洞窟もオススメ

青の洞窟は沖縄の恩納村の真栄田岬にあります。1年中青の洞窟に入ることができますが、海のコンディションによって入れないこともあります。春先から夏過ぎまでは高確率で入ることができ、秋は沖縄は台風シーズン、冬は波が荒くなる傾向があり入れる確率は減っていきます。
また天気によって、青の洞窟の見え方が変化します。晴れの日は明るい華やかな青色で、雨の日は落ち着いた青色になり、天候で見られないということはありません。どちらも綺麗な青の洞窟のため、天気に関わらず行ってみる価値はあります。ダイビング、シュノーケリングのツアーを申込みで昼間に入ることが一般的です。経験豊富な方は個人で行っても大丈夫な場所なのです。青の洞窟とともに熱帯魚をすぐ近くで見れて満足すること間違いなしです。夜の青の洞窟もオススメで、夜のツアーもあります。夜の海では熱帯魚を見ることは出来ませんが、エビやカニなどの夜行性の海の生き物を見ることができます。
また海水をかき混ぜると、夜光虫と呼ばれる光を発するプランクトンを見ることができるため、非常に幻想的な雰囲気になります。沖縄の夜の海には危険もあるので、安全に楽しむためにも経験のない人はツアーで参加し思いがけない事態を避けることが重要になります。

沖縄の幻想的な青の世界を

沖縄本島のほぼ中央に位置する恩納村。青く輝く神秘的な洞窟としてとても有名な青の洞窟は、ここ恩納村真栄田岬の傍にあります。夏の楽園沖縄ではもちろん、1年を通して多くの観光客が訪れる魅惑的なスポットです。
薄暗い洞窟内は太陽の光が白い砂地の海底に反射して、水面を青く映しています。そこは、洞窟の内側が神秘的に輝くブルーの世界。また青の洞窟は、海水の浸食によって自然の力が作り出した天然の洞窟なのです。その青く光り輝く光景は、旅の中でもため息がでるほど素敵な体験になるでしょう。体験ダイビングやシュノーケリングにトライして、自分だけの青の1枚を目に焼き付けたいですね。泳ぎに自身がなくて不安でも、安全に楽しく時間が過ごせるようにインストラクターさんのレクチャーをしっかり受けてトコトン満喫しましょう。
青の洞窟のポイントへの道のりはシーカヤックやボート、泳いだり歩いたりとさまざま。自分に合うピッタリのプランを探してさあ大海原へ出発。洞窟内を覘いてみるとそこは一面ブルーの海。真っ暗な洞窟の中はキラキラと青い光が広がります。そして洞窟の外の海は奇麗な沖縄の熱帯魚が待っています。餌づけに馴れた熱帯魚たちが集まってきてそれはまるで一緒に泳いでるかのよう。シュノーケリングでプカプカ散策したり体験ダイビングで水中のお魚に会いに行ったり、青く輝く神秘的な海と沖縄のお魚たちに囲まれながら幻想的なブルーの世界を満喫したいですね。

沖縄の人気ダイビングスポット青の洞窟について

沖縄県内に存在する「青の洞窟」は、海水の浸食によりできた洞窟であり、人間に慣れている魚たちや、色鮮やかなサンゴたちが織り成す壮観な壮観な景色は、沖縄でも随一のダイビングスポットとなります。青の洞窟と呼ばれる場所は、実は日本各地にいくつも存在します。水温的にも環境的にもダイビングに適しているのは亜熱帯気候を有する沖縄位の物であり、シュノーケリングダイビングを楽しむには最適な場所といえます。恩納村の真栄田岬にある青の洞窟は、沖縄観光を行にあたり中間地点に位置する場所です。那覇空港がるある沖縄本土から約一時間の場所に位置し、交通によるアクセスもしやすい事から観光名所としては有名なダイビングスポットなのです。ダイビングで青の洞窟に訪れる場合は、観光だけを目的た人とと鉢合わせになり、混雑の可能性があるので気をつけましょう。観光客のピーク時間を避けられる時間は早朝7時~9時、15時以降の時間帯です。この時間帯は人は確かに少ないのですが、同時に自身のスケジュールにも組み込みずらいとも思います。あくまで目安として、これらの時間帯を把握しているくらいで良いのです。沖縄の海が織り成す青の洞窟は、現実離れした綺麗な景色をあなたの提供してくれるので、楽しんで観光・ダイビングを行いましょう。

TOPへ